【ドキュメント】サッカー界のゴッドファーザー  作品紹介

サッカー選手

今回はヒストリーチャンネルより「サッカー界のゴッドファーザー」というドキュメント番組を紹介します。

監督は過酷な仕事です

常に勝利が求められ敗北には情け容赦ありません

幸運にも30年近くサッカー報道に携わり

この世界の偉人たちを間近で見てきました。

今回はより深く名将が名将たるゆえんを探りたいと思います

彼らが持つ資質 受けた影響 トップになるための努力

変化を経験し変化を起こしてきた名将たち

サッカー界のゴッドファーザーです。

毎回ジェフ・シュリーヴスのこの語りがあってインタビューが始まります。

スポンサーリンク

サッカー界のゴッドファーザー  作品紹介

全5回、登場する監督は名将揃い

#1 ジェラール・ウリエ

フランス出身

98年、フランスを世界一に導いた功績と低迷していたリバプールを蘇らせた名将。

教師からの転身や94年ワールドカップの予選敗退のジノラとの話からリバプールでの仕事について

#2 スヴェン・ゴラン・エリクソン

スウェーデン出身

母国スウェーデンでの指導者としてのスタートからベンフィカ、ローマなどを経てラツィオでのスクデット獲得、イングランド代表監督などを率いた名将

#3 ロイ・ホジソン

イングランド出身

スウェーデンサッカーに革命をもたらし数多くのクラブチームと4つの代表チームを率いた。

#4 クラウディオ・ラニエリ

イタリア出身

3部リーグのチームの監督からキャリアをスタートさせカリアリでの活躍を評価されナポリの監督に、ジャンフランコ・ゾラを抜擢する。

バレンシアやチェルシーなどでは優勝には届かなかったがレスターシティをリーグ優勝させた名将。

#5 ルイ・ファン・ハール

アヤックス、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンやオランダ代表監督として結果を残した名将。

教師をしながらのセミプロだった現役時代

引退後は憧れのリヌス・ミケルスのアヤックスでのコーチに。

バルセロナ、バイエルン、AZ、マンチェスター・ユナイテッドで自信の哲学を貫いた

感想

実績や経験豊富で知的です。

選手のドキュメンタリーやインタビューの何倍も面白いです。

話す内容も面白く当時の出来事も丁寧に語ってくれます。

個人的に良かったのはウリエ、ラニエリ、ファン・ハールの3人。

嫌なやつだったり暗いイメージを持っていましたが全然違いました。

「サッカー界のゴッドファーザー」を見るには

U-NEXT31日間無料体験がお得です。

U-NEXTで見れるサッカー関連の動画作品です。

サッカー映画などのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました