【映画】刺さった男   作品紹介

刺さった男 ビデオオンデマンド

今回紹介する映画はアレックス・デ・ラ・イグレシア監督の「刺さった男」です。

スペイン語原題は「La chispa de la vida」(人生の火花)

英題は「As Luck Would Have It」(運が良ければ)

邦題は映画の内容そのままなんですがセンスのかけらもありません。

映画は邦題のとおり男が刺さります。

何に刺さるのか、原題の人生の火花、英題の運が良ければがどういう意味なのか考えながら見るのも楽しいです。

刺さった男    作品紹介

2012年  スペイン映画

監督

アレックス・デ・ラ・イグレシア

出演

ホセ・モタ(ロベルト)

サルマ・ハエック(ルイサ)

ブランカ・ポルティージョ(メルセデス)

あらすじ

2年間失業中のロベルト(ホセ・モタ)は仕事を探し面接を何度も受けるがなかなか就職は決まらない。

うまくいかない彼はやけになって新婚旅行で訪れたホテルにもう一度泊まりたいと妻ルイサ(サルマ・ハエック)が言っていたホテルへ向かうとそこは取り壊され博物館が建設中だった。

ロベルトは博物館の建設作業者以外立ち入り禁止区域に入り誤って転落してしまう。

予告編です。

刺さった男(予告編)

YouTubeより

感想

特にこれと言った感想もないですが

普通におもしろかったです。

登場人物それぞれが私利私欲のために動く様子などリアルに描かれています。

これからどうなるんだろう?

最後は?と期待しながら見れる作品でした。

何がどう刺さったのかはU-NEXT31日間無料体験で確認してください。

\無料体験はU-NEXT公式HPからどうぞ/

U-NEXT無料体験の登録方法や解約方法についてわかりやすく説明した記事です。

「刺さった男」はダウンロード対象作品です。

ダウンロードすることで外出先でも通信料を気にすることなく作品を視聴することが出来ます。

無制限 使い放題Wi-Fi

3250円~

\BBN Wi-Fiはこちらから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました