【韓国映画】自由が丘で    作品紹介

自由が丘で ビデオオンデマンド

ホン・サンス×加瀬亮

今回紹介する映画はホン・サンス監督、加瀬亮主演の「自由が丘で」です。

原題は「자유의 언덕」(自由が丘)

ホン・サンス監督の作品は独特なので評価がはっきり分かれるようです。

この作品のレビューを見ると「意味が分からない」「時間の無駄だった」などの感想も多かったですがそれでいいんです。

全ての人に理解出来て全ての人が楽しめるものしかないのなら映画なんて無くていいです。

ホン・サンス監督の作品を見るとしたらあえてこれである必要はないと思いますがこんなのもあります。

絶対気に入る。楽しめるとは言いませんが気になったら見てください。

時間は返せませんが(66分、短い映画です)金は損させないようにU-NEXTの31日間無料体験をおすすめします。

同じような映画を見ているだけで満足ならばこの映画は必要ありません。

\U-NEXT公式サイトへ/

DVDです。

映画の中で主人公モリがいつも読んでいる本はこれ

自由が丘で    作品紹介

2014年   韓国映画

監督

ホン・サンス

出演

加瀬亮(モリ)

ムン・ソリ(ヨンソン)

ソ・ヨンファ(クォン)

あらすじ

思いを寄せる韓国人女性クォンに会うため韓国にやってきた主人公のモリ(加瀬亮)

しかし、ソウルへ来たもののクォンには会えずウロウロしていると迷子のイヌを見つけ飼い主のヨンソンと親しくなり彼女の経営するカフェ自由が丘へ通い始める。

予告編です。

加瀬亮×ホン・サンス監督!映画『自由が丘で』予告編

YouTubeより

感想

途中までまったく理解できず付いていけませんでした。

最近韓国映画を狂ったように見ていますがどれも面白く

ホン・サンス監督の作品も好きな感じでしたがこれは見ている時に面白くないのかもと感じていました。

もしかして加瀬亮がダメなのかな?と加瀬亮のせいにしてみました。

途中でこの映画の仕組みを理解した時に面白さが少しずつわかりました。

クォンに送った手紙を落としてバラバラになった時間を彼女はそのまま読んでいるために映画の中の時間もバラバラ。

それを映画の中では何も説明もなく、順番を教えてくれるわけでもありません。

ここに気付かないと意味のわからないクソ映画になります。

自分の中でつながるシーンやわからないところもあり面白かったです。

序盤つまらなすぎて途中で寝てたのかもと思えるくらいわからないシーンもありました。

自分の時間も吹っ飛んでしまっています。

さすが、ホン・サンス監督ということにしてまた次の映画を見てみます。

感動したのは映画を見終わってから。

このブログを書いて予告編を貼り付ける時でした。

予告編を見てゾクゾクしてしまいました。

今ごろ?って自分でも驚きましたが

きっと加瀬亮がよかったんでしょうね。

「自由が丘で」はU-NEXT31日間無料体験でタダで見ましょう。

\無料体験はU-NEXT公式サイトから/

タダなら見てもいいじゃないか

無制限 使い放題Wi-Fi

3250円~

\BBN Wi-Fiはこちらから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました