簡単、サイトのQRコードを作る方法【初心者必見】

QRコード作成 ブログ

簡単!QRコードの作り方

 

こんにちは。

ブログのテクノロジーの「と」です。

 

今回はQRコードの作り方を説明します。

面倒なのはイヤ。

今回もとても簡単に出来ますのでぜひやってみてくださいね。

 

 

QRはQuick(急速な、迅速な) Response(応答、反応)の頭文字。

QRコードとは雑誌広告や名刺などで良く見るアレです。

スマホやガラケーなどでで読み取ることが出来る便利なコードです。

わざわざ面倒くさいアドレスを入力せずともアプリを使い、カメラでサッととやってもらえば自分のサイトを見てもらえるという機能ですね。

コレ

当サイトのQRコードです。

 

ブログだけではなくお店のHPやイベント紹介のチラシや広告があったとしても、僕は今ではこれが無いとその先にどんなに素晴らしい内容のサイトやブログであろうと絶対に見ません。

スマホに自分でアドレスを打ってまで見ようなんてそんな面倒なことする人はいますか?

これがあったとしても見ないことのほうが多いので無ければ話にならないはずです。

少しでも自分のことを見て欲しければQRコードくらいの用意は必要です。

では早速作ってみましょう。

スポンサーリンク

QRコード作成

作り方は簡単。

無料でQRコードを作成してくれるサイトがありますのでそこで作って保存すればサイトに貼り付けたり広告や名刺に印刷したりすることができます。

使い方も簡単ですがいろいろなサービスがるので紹介します。

 

このサイトで作ってもらえます。

QRのススメ 無料版

さっそく作るをクリックします。

サイトアドレスのQRコードを作る

サイトアドレスのQRコードを作成する方法です。

QRコードでURLのところの作るをクリックします。

URLにQRコードを作成したいページのアドレスを入力して作成するをクリックします。

できあがり。

保存して終わりです。

色を変えることが出来ます。

こんな感じです。

QRコードの作り方。

簡単ですね。

すぐにでもやってみてください。

ちょっと変わったのがいいなという人にはもう少し楽しいやつを紹介します。

もう少し読んでいってください。

アイコンや文字を取り入れたQRコード

オリジナリティのあるQRコードを作りたかったらこれです。

せっかくなので作ってみましょう。

アイコンやイラストで装飾する

アイコン入りをクリックします。

STEP1:内容を入力してください

先ほどと同じようにアドレスを入力し決定をクリックします。

STEP2:デザインとアイコン選択へ

イラストをクリックすると主要サイトのアイコンや様々なイラストを選択できます。

好きなデザインを選択しましょう。

一気にそれっぽくなりますね。

こんな感じに出来ます。

YouTubeの動画を紹介したい場合などはわかりやすくていいですね。

STEP3:確認と保存へ

ダウンロードするをクリックして保存します。

QRコードにファビコンを装飾

自サイトのファビコンを使える。

これが一番オリジナリティが高いですね。

STEP2でFaviconをクリックすると自動的にSTEP1で入力したサイトのファビコンを表示してくれます。とても便利です。

こんな感じです。

このファビコン、ちょっとあれじゃない?

これでOKならSTEP3

ダウンロードして終了です。

そろそろまともなファビコン作ろうかな

関連記事

Wordpress ファビコンをオリジナル画像に変える方法 サイトアイコン
オリジナルアイコンでサイトを目立たせる こんにちは。 ブログのテクノロジーの「と」と申します。 サイトを作って自分のサイトをスマホのホーム画面に追加したら自分のアイコンがパッとしません。 なんじゃこりゃ ...

QRコードに文字を書き込む

STEP2で文字入れをクリックし重ねたい文字列に好きな文字を入力します。

文字の色も変更できます。

こんな感じになります。

STEP3:確認と保存へ

ダウンロードして終了です。

 

まとめ

QRコードの作り方。

無料で使えてとても簡単でした。

是非やってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


なんでこんなことを無料でしてくれているんだろうと不思議でしたがサイト内でこういう商品も取り扱っているんですね。

使わせてもらったお礼というわけではないですが一応紹介しておくます。(アフィリエイトではありません)

QRコード関連グッズ一覧/QRのススメ
QRコードを無料で作成できるサイトです。オリジナルなQRコードを使って注文ができる関連グッズの一覧です。商用利用も無期限・無制限で、EPS形式の生成も可能。初心者からプロまで簡単に使えます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました