体を温める食べ物で冷え性対策。冬を快適に過ごしましょう。

温める食べ物 運動、健康

体を温める食事による冷え性対策

 

つらい冷え性に悩んでいる方はすごく多いです。

女性の半数から7割、男性では1割くらいが冷え性に悩まされているようです。

僕も冷えに悩まされています。男性の中では少数派になります。

夜は眠れないし、日中は手足が冷たくていたいし、寒すぎて冬が来るのが憂鬱です。

毎年、そんな悩みを抱えて生きてきましたがそろそろもういい加減なんとかしたいよねということで冷えを改善します。

この記事では食べもののことについて書いていきます。

人間は食べたもので体を作り、動かしていますので食べ物は全てにおいてとても重要です。

普段の生活で食べ物によって得られるメリット、デメリットなど考えて生活している人はあまり多くは無いはずです。食べ物はただ腹を満たすためだけのものではなくひとつひとつ含まれている成分が異なりそれだ食べた人に対していろいろな効果をもたらします。

体を温める食べ物をしっかりと食べることで体の内から温まることが出来ます。

併せて体を冷やす食べ物も紹介しますので参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

体を温める食べ物の特徴

育った環境

寒い国では体に熱を吸収して蓄える必要があるため、体を温める果物や野菜が育ちます。

反対に暑い国では体内にこもった熱を下げるため体を冷やす果物、野菜が育ちます。

植物も生き残っていくために選ばれるための努力をしています。

寒い国で体を冷やす野菜が生えていても誰も食べてはくれませんね。

季節ごとにいろいろな食材がありますが旬とはそういうことなんでしょう。

2、地面の中で育つもの、地面より上で育つもの

地中で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。

 

3、発酵しているかどうか

発酵食品には体の代謝を良くする酵素が入っているため、体を温めてくれます。

代表的な発酵食品

・ヨーグルト・チーズ

・味噌・納豆・醤油・漬物

 

発酵させて作る日本酒や紹興酒は体を温めてくれます。

 

体を温める食べ物と冷やす食べ物

体を温める食べ物

冬が旬。寒冷地で育つ。地中で育つ。発酵食品。

・ニンジン・玉ねぎ・カボチャ・ネギ・ショウガ・唐辛子

・ゴボウ・レンコン・ジャガイモ・ニンニク・ニラ

・鮭・マグロ・カツオ・サバ

玄米・納豆・キムチ

・りんご・サクランボ・モモ・ミカンなど

 

体を冷やす食べ物

体を冷やす食べ物の特徴は、夏が旬、南国育ち、地上で育つ、水分が多いなど

 

・キュウリ・キャベツ・レタス・ナス

・ほうれん草・小松菜・タケノコ

・ナシ・スイカ・メロン・パイナップル

冷え切ってしまった時に飲みたい飲み物

凍えた時に温かい飲み物を!と思いますがコーヒーや緑茶など、逆に体を冷やしてしまう飲み物もあります。

冷え切った体を温めるために飲むとよいものはこちら

 

製造過程で発酵しているお茶

紅茶、プーアル茶、ウーロン茶

 

製造過程で発酵しているお酒

日本酒、紹興酒

 

地中で育ったものから作られたお茶

タンポポ茶 タンポポコーヒー、ゴボウ茶

 

ポリフェノールの血管拡張作用により、血行を良くしてくれます。

ココア

 

ショウガに含まれるショウガオールが体を温めます。

ショウガ湯、ショウガ紅茶

まとめ

体を温める食べ物は寒い地域、季節に旬を迎えるものが多かったですね。

寒い地域、寒い時期に必要とされるには体を温める効果が必要ですから考えてみれば当然かもしれません。

この記事で紹介した食品を上手に取り入れ体を温めて冷えの対策をしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました