下半身太り、腰痛、冷え、むくみの原因【浮き指】を補正

運動、健康

浮き指

 

スポンサーリンク

浮き指とは

 

浮き指 立っている時や歩いている時に足指が地面についておらず、そして浮いた状態にあること。俗称であり、正式な医学用語ではない。

足裏にある母子内転筋の力が弱いために踏ん張りがきかず、重心が踵よりにになっていることが原因とされている。

 

浮き指は立っている時、歩いている時に足指が地面についていない状態のことをいいます。この浮き指には特定の指だけが浮き上がる場合から、全ての指が接地せず浮き上がる場合まで様々な症例があります。

足指を使うことができないために姿勢を保つためにすね、もも、骨盤、背中、首などに必要以上の力が入り肩こりや疲労感、骨盤やももの痛みなどを起こす場合もあります。また、足のアンバランスが身体の姿勢に大きく影響することがわかっています。

 

足指を使わずに歩こうとすれば他の部位に負担がすごくかかりますね。自然な体の使いかたをしなければ体は歪み、それがケガや病気のもとになってしまいます。

 

浮き指の診断

足指が90度以上曲がる人は浮き指である可能性が高いです。

浮き指の人は指を上に曲げることが得意で逆に下に曲げることが苦手です。

そのため、上に90度以上曲がる人は浮き指である可能性が高いと言えます。

女性は3人にひとりが浮き指だと言われています。

男性は2人にひとりが浮指だと言われています。

浮き指による影響

浮き指でこんな影響があります。

肩こり 腰痛  ヒザの痛み  O脚 骨盤の歪み

足指を使えないためにももやすね、骨盤、背中、首に必要以上の力が入り肩こり、疲労感、骨盤やももの痛みを起こす場合もあります。また、足のアンバランスが身体の姿勢に大きく影響することがわかっています。

太りやすい、下半身太り

健康な足指の人は足指、指の付け根、かかとで体重を支えますが浮き指の人は指の付け根とかかとの2点で体重を支えるため自然と重心が後ろにかかりやすくなります。

正常な場合

浮き指の場合

上半身はそのバランスをとろうと前傾姿勢(猫背)になります。これが下半身太りの大きな要因です。

2点で体を支える浮き指は健康な人と比べると歩くときに足裏にかかる衝撃がおよそ3倍と言われています。そのためスネや太ももに必要以上の力がかかってしまい、余分な筋肉が発達してしまう。その筋肉への負担を和らげるために脂肪を蓄えようとして下半身が太くなってしまいます。

関連記事

痩せたい 下半身太りの3つの理由と対策
下半身太りの悩みから解放されたい上半身はスラっとしているのに下半身はドカンと太かったり、ももの筋肉がパンパンで上半身と下半身の筋肉のバランスが悪かったり、下半身太りに悩む方は多いですね。下半身が重いわけですから疲れ...

冷え、むくみ

ふくらはぎの筋肉は心臓から送り出された血液を重力に逆らい心臓に送り返す働きを持つことで第2の心臓と呼ばれるほど健康のために重要な筋肉です。

浮き指であることで重心が後ろに移動することのバランスを取るために猫背になることで正しい歩き方が出来ず、ふくらはぎの筋肉を使うことができないために循環機能が低下しむくみや冷えの原因になります。

 

関連記事

解放されたい!!足のむくみの原因と解消法
足のむくみに悩まされているひとへ、むくみの原因と解消するための食べ物や運動方法をまとめました。

 

【悩み】眠れない。つらい足の冷えの原因と改善方法
足が冷えて眠れない。毎晩の悩みから解放されたいこの記事はこんな人に読んで欲しい布団に入ってもに足が冷えて眠れない足が温まり、眠れる方法を知りたい冷えの原因を知ることで対策もしやすくなります。冷え性(ひえしょう)...

 

足の指を使わない不自然な体の使いかたを続けるうちにいろんな影響が出てきます。

足指を使うことで自然な体の使い方が出来るようになればこれらの影響も減っていくことになりますね。

どうして浮き指になるのでしょうか?

 

改善方法を知りたいです。

浮き指の原因

浮き指は足の生活習慣病といえます。

幼児期から足指の動きを抑制するような靴を履かせたり、散歩など外で遊ぶことが少なかったりすることで足裏のアーチ形成が悪くなり浮き指を発症しやすくなります。

成長してからも足に合わない靴を履き続けたり、靴下で足指の自由度を抑制する、普段あまり歩かない、家の中でも裸足で歩かないなど、このような環境にあると浮き指を発症しやすくなってきます。

 

特に足に合わない靴を履き続けることが浮き指予防の大敵です

つま先が細く足指の自由が抑制される靴はもちろんですが「靴が大きい」「靴が小さい」なども浮き指発症の原因になります。靴が小さければ足指はつま先に押し込まれ縮こまった状態になります。一方で大きい靴の場合も歩いているうちにつま先側にずれてかかと側がブカブカの状態になり足指は靴先に押し込まれ縮こまった状態になります。

このように足指を使えない状態が長く続けば足指で踏ん張る力は弱くなってしまいます。

浮き指  改善方法

浮き指の改善には時間をかけていかなければなりません。

生活を改善し足指の使い方のリハビリをする必要があります。

靴をフィットしたものに変える足指の筋力を回復させることも必要です。

・足指のストレッチをして固くなった関節を下に曲がりやすくしてあげます。

・足指ジャンケンやタオルギャザーといった運動をすることで足指の筋力を鍛えられます。

・また浮き指を改善するサポーターやテーピング

足指の自由度の高い5本指の靴下も有効です。

 

関連記事




浮き指を補正するパッドで日中も浮き指対策
スポンサードリンク

浮き指を補正することで自然な体の使いかたが出来るようになり歪みのない体に。

 

まとめ

浮き指が原因でいろいろな影響があります。

そのため、浮き指を改善することによりそれらの悩みも解消することもできます。

浮き指は生活習慣病であり、生活習慣の改善で浮き指も改善できます。

改善方法は

足にフィットした靴を履くこと。

足指の自由度を抑制しないこと。

足指の筋力を回復させる。

サポーターなどを使う。

少しずつでも取り入れて浮き指の改善につなげてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました