【運動不足】ケガとスポーツ翌日のダメージを減らす、ウォーミングアップの重要性

運動、健康

ウォーミングアップでけが予防

 

こんにちは。

この記事ではスポーツをした翌日の体のダメージを減らすためウォーミングアップの大切さと方法について紹介します。

運動不足解消のため、久しぶりにスポーツをしたら自分の体力の予想以上の衰えに驚きそして翌日から体が痛すぎて何日間か養生が必要になるというのはわかりやすい例ですが

定期的にスポーツを行っていても年齢とともに翌日のダメージは多く残るようになってしまいます。若い頃とは違い回復に時間がかかってしまいダメージを長く引きずってしまいます。

この痛みを減らしたい、なんとかしたいと思っているならば運動前にしっかりとウォーミングアップをしてください。

 

運動後の体のケアについて

スポーツ後のケア 翌日以降に疲れや痛みを残さないために
スポーツ後のケアで疲労回復、筋肉痛予防 こんにちは。 今回の記事はスポーツ後の疲労回復方法についてです。 スポーツの疲れが残ってしまう、そしてなかなか回復しないという方に是非読んでいただきたいです。 疲労回復は次...

 

スポンサーリンク

ウォーミングアップの目的

まず、ウーミングアップの目的ですが「運動によるケガの防止や、主運動を行うための身体の準備、その運動に対する能力を最大に発揮できる状態を作ること」です。

ですから、ウォーミングアップをしないことはケガをしやすいということになります。

なんの準備もなくいきなり動き出せばそれだけで固まっていた筋肉は伸び、ちぎれてしまいます。

 

ウォーミングアップのウォームは体温を温める、アップは心拍数を上げる、血流量をふやすことです。

間接の可動域を広げ、心拍数などを徐々に上げることで心臓や肺への急激な負担を減らすことも出来ます。

ウォーミングアップが翌日のダメージを減らす理由

ウォーミングアップをしっかりとすることで翌日の体のダメージを抑えられますし大きなケガなどを防ぐ効果も高いです。

ウォーミングアップをしないことで大きなケガをしてしまことはイメージしやすいと思いますが、翌日などに残る痛みも運動をしたことにより筋肉が損傷していることが原因です。

激しく運動することで筋肉は大なり小なりダメージを受けますがしっかりとウォーミングアップをすることで関節可動域を広げ、筋肉を柔らかくしてあげることでダメージを最小限に抑えることが出来ます。

受けるダメージを減らすことが出来るのでウォーミングアップは翌日の体の痛みを減らす効果が高いと言えます。

 

ケガで多いのは体が固すぎてすぐ筋をやってしまうお父さん。

運動の感覚を取り戻せず体勢が崩れネンザするお父さん。

日ごろの運動不足もありますが、ウォーミングアップをしないことも原因のひとつです。

 

 

ウォーミングアップの方法

 

ウォーミングアップでは軽い全身運動、静的ストレッチ、動的ストレッチ、主運動に近い動きなどを効果的に取り入れて行います。

体をほぐす

手首、足首、腰まわし、膝の屈伸運動、膝まわしなどを行い体をほぐします。

これを行わないと、動いてすぐにピキッと痛みが走りそこで終了、そしてなかなか治らない。ということが起こる場合がありますのでしっかり行います。

全身運動

筋肉を温めるためにジョギングや軽いランニングなど全身を動かします。

ゆっくり動くことで、今日の体の状態を確認することもできます。

ここで痛みやハリなどがあった場合は無理をしないということも大事です。

静的ストレッチ

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)は体を静止させ、反動を使わずに関節の可動域を段階的に増していき、無理の無い程度に筋肉を伸ばされた状態をしばらくキープすることです。

ウォーミングアップで行う場合は60秒以上行うと逆効果になるらしいので30秒程度で行います。

 

動的ストレッチ

動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)は体を動かしながら行うストレッチです。代表的なもののひとつにラジオ体操があります。柔軟性の確保だけではなく筋肉の温度を高めることができます。

 

肩甲骨まわりや股関節周りなど、動かしながらさらに可動域を広げるようにします。

専門性のアップをる動き

動的ストレッチから主運動の動きに近づけていきます。

それぞれの運動に適した動作を行います。

 

ウォーミングアップをここの段階から始める人が多くいるように思います。

僕が参加しているフットサルではアップしようかと言い、パス練習を始め少し蹴ってアップ終わりの人もいますが当然「動けねえ」「調子悪いわ」と言っています。

そしてよくケガをします。

まとめ

ウォーミングアップをすることは体を運動に適した状態にするために必要で、それをしないことで余計に筋肉が損傷し翌日以降にも痛みが残りやすくなります。

スポーツを楽しみ、それを継続するためにウォーミングアップの習慣は大切ということがわかりました。

普段運動をしない人は体を動かす感覚を取り戻すためにも役立ちますしケガのリスクを減らすこともできますので是非、運動前に取り入れてください。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました