「不眠」眠れない夜に悩まされたくない。朝までぐっすり眠れるために

運動、健康

不眠の原因と改善方法

 

毎晩ぐっすり眠れていますか?きっとこの記事を読んでくれているということはあまり眠れていない可能性が高いですね。

不眠は夜、眠れないという夜間の苦痛だけでなう日中も眠気やだるさ集中困難など。心身に様々な影響を及ぼします。

不眠に悩まされている方は意外と多く、日本人の3人にひとりが何らかの不眠の症状を感じていると報告されています。

スポンサーリンク

不眠の種類

不眠は大きくわけて4つのタイプがあります。

入眠障害

なかなか寝付けない人はこれです。

床に入ってから眠るまでに30分から1時間以上かかるタイプです。

精神的な問題、不安や緊張などが強いときなどにおこりやすいです。

中途覚醒

夜中によく目が覚める場合はこれです。

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝付けなくなるタイプです。

日本人の成年の中では一番多いタイプで中高年でより頻度が高いです。

早朝覚醒

朝、予定よりも2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうタイプ。

高齢者に多いタイプです。

熟眠障害

ぐっすり眠った気がしない

睡眠時間を多く取ったのに、熟眠感が得られないタイプ。

他のタイプの不眠症を伴っている場合があります。

不眠の原因

不眠の原因のひとつとして考えられるのが、「睡眠」と「覚醒」のバランスの乱れにあると言われています。眠りたい時に、何らかの原因で体を覚醒させる機能が睡眠の機能を上回ってしまった場合に不眠が起きるという仮説が提唱されています。

 

主な不眠の原因

・ストレス

・睡眠週間の問題、睡眠リズムの乱れ

・アルコール、薬の影響

・うつ病などの精神疾患

・その他、生活習慣病などの病気

 

快眠のための工夫

不眠の悩みから解放されるために出来ることからやっていきましょう。

眠る前の工夫

寝る時刻や睡眠時間にこだわりすぎない

「眠らなくては」という意気込みで頭がさえてしまい、眠れなくなります。

寝床は眠るためだけに使う

寝床で本を読んだりテレビを見たりくつろぎの場として使っていると眠る場所という意識が低くなり眠りにくくなります。

寝る前の刺激物はさける

・寝る1時間前の喫煙は控える。

・軽い読書、ぬるめの入浴、アロマテラピー、軽いストレッチなどでリラックスさせます。

スポンサードリンク

・夜の明るすぎる証明やテレビの光は眠りの妨げになります。

寝酒を避ける

就寝前のアルコール摂取により夜中に目が覚めやすくなったり眠りが浅くなったりします。

アルコール(深酒)で眠ることは睡眠ではなく気絶状態であるらしいのでアルコールに頼り眠ることはあまり良いとは言えないですね。

日中の工夫

毎朝、同じ時間に起きる

毎朝同じ時間に起きることで、体に一定の睡眠と覚醒のリズムが身に付き早寝早起きの習慣が出来ます。

太陽の光を浴びる

目が覚めたら太陽の光を浴び、体内時計のスイッチをオンにします。これによって自然と夜に眠気が出てきます。

規則正しい食事と、適度な運動

朝食は体の目覚めに重要です。

運動の習慣は睡眠を促します。軽い運動を定期的に行う習慣をつけましょう。

ヨガなどは心身ともにリラックスするので睡眠にはとても効果的らしいです。

 

 

こんな記事も書いています。読んでみてください。

体力低下に年齢は関係ない。下半身を鍛えて運動不足解消のための簡単なトレーニング方法。
運動不足解消のための下半身強化 体力低下は年齢のせい? 僕はオヤジ仲間とフットサルをしていますが、「もう年のせいで動けねー」と言う人がいます。 僕も言います。 すぐ言います。 確かに若いころとは全然違いますが ...

 

寝具による工夫

自分にあった寝具を手に入れぐっすり朝まで眠りましょう。

不眠解消のために活躍できそうな寝具を少し紹介します。

 


スポンサードリンク

日本初のオーダーメイド枕。

専用のマイ枕測定器で頭~首、背中までのかかる圧力を測定し、ひとりひとりにピッタリな枕を制作します。

今の枕が自分には合ってないんじゃないかな?とか思ってなかなか寝付けなかった人には自分専用の枕を制作することもいいと思います。

 


スポンサードリンク

超極小ビーズ素材でムニュふわ~な感触が特徴の枕です。

枕だけではなく抱き枕も大人気です。

ムニュムニュでリラックス出来れば快眠にもつながりますね。

 

公式サイト限定特典として

「12時までのご注文は当日発送」「オマケのマルチ枕付き」「送料無料」「ラッピング無料」「20日間、使用済みでも返金保証」などがあります。


 

不眠の改善、朝までぐっすり眠るために まとめ 

不眠は生活習慣の乱れとストレスなどの精神的なことが原因でおきやすいです。

改善方法は

眠る前は刺激をさけリラックスすること

生活のリズムを一定にする、太陽の光を浴び体内時計を動かし早寝早起きを習慣化させること、

定期的な適度な運動で睡眠を促す。

不眠はとてもつらく僕も悩まされていましたが今では早寝早起きの習慣が付き眠れなかったころがウソのように眠れています。

あなたもぐっすり眠れるようになれますように。

簡単なことをいくつか意識するだけで習慣は改善され健康な生活を取り戻すことが出来ます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました