【初心者向け】サッカー リフティング練習の目的と練習方法

サッカー初心者練習

こんにちは。

リフティングしてますか?

 

 

かなり前の話で間違えているかもですが「サッカーはミスのスポーツである」と元日本代表監督の岡田さんがなんかのテレビで言ってましたがその通りだと思います。

確か、サッカーは足でやるから難しいし当然ミスが多くなる。ミスが起きることを前提として少しでも成功確立の高い選択をする。とかそんな話でした。

 

岡田さんの解説の内容とは全然違いますが失点さえしなければ、いたるところでミスを繰り返しても平気なスポーツが少年サッカーやオヤジフットサルでありオヤジ達は試合開始から終了までミスをし続けます。

 

しかし少年サッカーでは失点につながるようなミスを犯すとそこまで怒る必要があるのか?というくらい怒られます。

少年サッカーの監督はとてもこわいのです。

恐怖と人事権で大人も子供も支配します。

支配された大人たちは冷静さを失い鬼のようになったり派閥を作ったり。ひどいものです。

中にはキックオフと同時に怒り狂う監督もいますが

子供のサッカーは自由に自己表現が出来る、楽しい遊びであるべきです。

そういう指導はやめてほしいです。

こういうことがサッカーから面白さを奪っています。

 

バドミントンやバレーボールなどはミスしたらそれが即失点になりますので基礎をしっかり練習しないと試合にすらなりませんがサッカーはミスしても、幼児のサッカーでは穴掘りに夢中な仲間がいても成立しますし穴掘りをしていても勝てます。

チームにも足の速い子や保護者が育て上げたサッカー少年がいたりするだけでまあまあ勝てますので、みんなこのままでも大丈夫と勘違いしてしまいます。

ボクたちは強い!!

 

そんなミスしても平気なサッカーを楽しくやってきて最初にぶち当たる壁がリフティングです。

リフティングはミスを許さないのです。

今まで適当で過ごして来れた楽しいサッカー人生がリフティングによって嫌いになる子もいます。

そこまではバラバラな個性を好きなように発揮させていてくれたコーチは全員がリフティングを出来るように。から始まり同じようなスタイルのつまらない選手に仕上げるため急に厳しくなります。

 

 

リフティングなんてちょっと練習すれば出来るでしょって思いますし、もしかするといきなり出来るんじゃね?ってなめてかかります。

実はやってみるとイメージ通りにはいかず難しいのです。

これまでにキックもトラップもデタラメでやってきた子供にとってはリフティング練習は苦痛でしかありません。出来ないころは失敗する度にイライラしてしまい上達するどころではありません。

自分もうまくいかなくてイライラするのに親は怒るし、うるせーし。リフティングだーいすき。とはなりません。

 

サッカーの競技の中でリフティングをしなければいけない場面はありませんが何故リフティングが出来ないといけないのでしょう?

リフティングの回数を競わせられたり、リフティングすら出来ないやつは試合に出さないという指導が当たり前のようになっています。

チームの90分しかない練習にリフティングの時間を20分も30分も使うようなコーチはサッカーを教えるのが本当に苦手な人なんだろうなと思います。

それか、もう情熱を失ってしまいただ90分が経過をするのを待っているのかなと思って見ています。

自分もリフティングすら出来ないくせにコーチをしている人も、そういう指導をするのです。

そんなコーチが証明してくれています。

サッカーはリフティングが出来なくても出来るスポーツです。

しかも指導まで出来ます。

しかし、サッカーのうまい人でリフティングが出来ない人はいません。

うまい人がリフティングをする理由は、一人でボールを蹴ると自分で拾いにいく必要があるからなのではないでしょうか?サッカー好きな人ってとにかくボールが大好きです。壁でもあれば別ですが蹴り飛ばして毎回遠くまで拾いにいくのは面倒です。

上に蹴り上げていれば拾いに行くこともなく永遠に蹴り続けられますね。

そこに楽しみを加えてどんどん上手になっていきます。

適当なことを書いてみましたが意外と合ってるんじゃないかとも思います。

リフティングは一人でボールを使って遊ぶのには最高の遊びです。

リフティングがうまくなるコツは、もっとボールを好きになり、もっとボールで遊ぶことです。

リフティングを練習する目的なんて無いとは思いますが、遊びの中で覚えた技術を試合で発揮することは出来るはずですのでたくさんボールで遊びましょう。

【初心者向け】サッカー 誰でもリフティングが上手くなる方法
リフティング こんにちは。 リフティングしてますか? 前回の記事ではリフティングなんて遊んでいればうまくなれると書きました。 これは間違いではありません。 幼い子はただ好きなことだけを好きなだけ遊びますので...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました