【新潟5大ラーメン】 燕三条背脂ラーメンの特徴と代表的なお店の紹介 

背脂ラーメン

燕三条系背油の歴史や特徴 名店紹介

新潟と言えばコメでしょうか?酒でしょうか?あとはなんでしょう?

雪ですか?

新潟についてのイメージはいまいちわからないという人は多いですね。

新潟にはおいしいものがたくさんありますが、ラーメンもそのひとつです。

スポンサーリンク

新潟5大ラーメン

新潟県はいつの間にかラーメンがすごく盛り上がっています。

新しいラーメン店もどんどん増え続けていますし、古くからの名店も繁盛しています。

新潟県には様々なジャンルのラーメンがあり、ラーメンに関するイベントもたくさん開催されます。どれほどラーメン好きなんだよ?と思ってしまうくらいです。

その中で代表的なものが新潟5大ラーメンと呼ばれるようになりました。

5大ラーメンとはラーメン王の石神秀幸氏が考案した新潟4大ラーメンの「新潟あっさり醤油ラーメン」「長岡生姜醤油ラーメン」「燕三条背脂ラーメン」「新潟濃厚味噌ラーメン」「三条カレーラーメン」を足した5つです。

燕三条背脂ラーメンとは

背脂ラーメンの歴史

背脂ラーメンの歴史は古く、昭和9年創業の「福来亭」が発祥と言われています。

燕市は洋食器の製造が盛んで工場で働く人がとても多いです。

背脂ラーメンは工場で働く人達への出前として生まれました。

洋食器の工場で働く人たちは暑い工場の中で大量の汗をかきますので塩分の補給のため塩分多めに、出前時にスープが冷めないように背脂を浮かし、時間がかかっても麺が伸びにくいように極太麺にしたというお客さんのための工夫により出来上がった歴史があります。

夏場などに作業をしていると大量の汗をかき、体力をかなり消耗します。

そんな時に食べると「生き返る」ありがたいラーメンです。

味の特徴

背脂ラーメン最大の特徴は極太麺です。初めて食べる人はうどんみたいと驚きます。

僕はこの極太麺で育っていますので、他のラーメンを食べ始めたころ、どのラーメンを食べてもインスタントラーメンの麺にしか思えなかったくらい太いです。

ダシは煮干しなどの魚介系、濃口醤油のスープに大量の豚の背脂を振りかけ生の玉ねぎをトッピングです。

味は濃いですが背脂を入れることにより味のバランスが取れています。

絶品です

代表的な背脂ラーメン店

代表的な背脂ラーメンのお店を紹介します。

杭州飯店

新潟県燕市燕49-4

TEL 0256-64-3770

福来亭 白山町店

新潟県燕市白山町1-9-21

TEL 0256-62-6453

いこい食堂

新潟県三条市林町2-17-2

TEL 0256-32-1975

酒麺亭 潤 燕総本店

新潟県燕市小牧464-12

TEL 0256-66-3685

らーめん 流れ星

新潟県燕市秋葉町1-2-29

TEL 0256-47-1952

まつや食堂

新潟県燕市殿島2-7-3

TEL 0256-62-4734

喜楽亭

新潟県燕市燕3129

TEL 0256-66-2866

侍ラーメン

新潟県三条市大島4883

TEL 0256-33-9220

拉麺 王風珍

新潟県燕市下粟生津2955-2

TEL 0256-92-7748

らーめん勝 燕三条店

メタル丼使用      

新潟県燕市井土巻3丁目96

TEL 0256-66-0282

磨きの町のラーメン屋 味我駆

メタル丼使用

新潟県燕市吉田下中野591-5

TEL 0256-77-8828

らーめんや 天家 燕店

新潟県燕市大曲3617-17

TEL 0256-66-0220


らーめん 鯉次(こいじ)

らあめん 福丸

麺’s 冨志(ふうし)

メタル丼使用

中華そば 龍華亭

新潟県三条市須頃1-22

TEL 0256-33-9381

コメント

タイトルとURLをコピーしました