簡単、うまい、ボンゴレ・ビアンコ(アサリのオイルベースパスタ)

パスタ

 

簡単、うまい、ボンゴレ・ビアンコ

 

アサリを使ったパスタ料理、ボンゴレ・ビアンコの簡単な作り方を紹介します。

難しそうなイメージがあるかと思いますがとても簡単に作れますのでこれを見て挑戦してください。。

 

イタリア語のボンゴレ(あさり)ビアンコ(白)が名前の由来。あさりの白ワインを使ったオイルのパスタです。同じくオイルベースのペペロンチーノと作り方が似ています。

 

ボンゴレにはトマトソースのボンゴレ・ロッソ(赤)とイカ墨を使用したボンゴレ・ネロ(黒)もあります。

 

アサリの下準備(砂抜き)さえ完了してしまえば残りの作業はとても簡単です。

 

こちらもどうぞ ペペロンチーノ

【絶望のパスタ】 簡単、うまい、ペペロンチーノ
簡単、うまい、ペペロンチーノ ボン ジョルノ! ペペロンチーノの作り方の紹介をします。 アリオ(ニンニク)・オリオ(オリーブオイル)・ペペロンチーノ(唐辛子) ...
スポンサーリンク

材料と準備

材料

・パスタ 一人前

・アサリ 200g

・ニンニク 一片 半分に切り芯を取り出し潰す

・唐辛子 一本

・白ワイン 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ4

・塩 パスタを茹でる時に使います。 水に対して1%の分量

アサリの砂抜き方法

このレシピで大切な下準備がアサリの砂抜きです。

食べた時に砂がジャリジャリしていたらおいしく食べられません。

アサリを海水と同じ塩分濃度3%~3.8%の塩水に入れ砂抜きをします。

アサリは海水と同じ塩分濃度でないと砂をはいてくれません。覚えておきましょう。

水100mlに対して3gくらいですね。

重ならないようにバットなどに並べ、キッチンペーパーを被せ冷蔵庫に入れます。スーパーなどで買ってきたアサリなら2~3時間くらい。潮干狩りでとってきたアサリは一晩ほど時間が必要です。

砂抜きが終わったら水でよく洗います。

これをしっかりとやらないと台無しになってしまいます。

 

ここが最大のポイントですね

 

作り方

パスタ

パスタを茹でるために大き目の鍋にお湯を沸かしお湯に対して1%の塩を入れます。

茹で終わったあとにフライパンでソースと絡めますので表示時間より少し短めに茹でます。

ソース

冷えたフライパンにオリーブオイルとニンニクと唐辛子を入れ火にかけます。

オイルが沸くまでは中火でいいですが沸いてきたら弱火に落としニンニクが焦げないようにオイルに香りと旨味を移しましょう。

ニンニクがきつね色になったら唐辛子と共にフライパンから取り出します。

白ワインとアサリを入れ、フタをして蒸し焼きにします。

火力は弱火でじっくりとアサリに熱を加えることでアサリの旨味を引き出すことが出来ます。

アサリが開いたら一回取り出します。どうしても開かないアサリはあきらめます。

アサリを取り出しフライパンを振り、水分とオイルを混ぜ合わせ乳化させたらアサリを戻します。

少し硬めに茹でたパスタをフライパンに入れてパスタとソースを絡めたら完成です。

パセリをかけてあげるといいですね。

 

アサリの出汁がたっぷりボンゴレ・ビアンコ

簡単で、とてもおいしくできました。

ぜひ、作ってみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました